恋愛結婚レシピ

恋愛結婚レシピ

昔は嫌だったが実際にしてみるとお見合い結婚も意外と良い


お見合い

お見合いは恋愛ができない人がやるもんだ!・・・昔はそんなイメージでしたよね?でも、結婚相手に条件を求める人にとってはお見合いって良いものなんですよね。

今回は「昔は嫌だったが実際にしてみるとお見合い結婚も意外と良い」という方のお話です。

以前はお見合いなんて古臭いイメージがあって嫌だったが…

現在30代後半の専業主婦です。
主人とはお見合いで結婚しました。
結婚したのは私が30代半ばで主人が30代後半でした。

30代前半で婚活を始めてから、結婚相談所に2か所登録しました。

1か所は自分で登録しましたが、もう一つは親が勝手に登録してくれていました。
主人のお見合いの話は親の登録してくれていた相談所からの話でした。
30代になってもなかなか結婚の話がでてこない娘を心配して、早くから親はお見合いの話を持ってきてくれていましたが、当時はお見合いなんて古臭いイメージがあって嫌でした。
なのでことごとく親がもってきてくれる話は無視していました。
当然そうすると話はこなくなります。
今思えば当時は、まだ若かったこともあり条件の良い話がたくさんあったように思います。

お見合いでいろいろな人と会ってみたが…

30代半ばになって自分でお金を払って登録した相談所では、何人かとお見合いもしましたし、何回か合会うようになった人もいましたが結果的には結婚には至りませんでした。
私が自分で登録した相談所はわりとラフな感じで、紹介してもらったら後は自由にお付き合いするという感じだったのが良かったのですが、30代半ばになってくると、どうしても焦りがでてくるのかなかなか自分の理想の相手とは出会えなかったです。
いろいろ婚活しているのを親が見ていて、再びお見合いの話を持ってきてくれたのですが、なかなかこれもうまくいかなかったです。

相手から断られてしまった・・・

知り合いの息子さんとかとお見合いしたりしたのですが、相手はぶっきらぼうな感じで2回会って相手からお断りされました。
こちらからお断りしたいような話だったのに断りづらかったので正直ほっとしたような少しむかついたような感じでした。
最終的に主人の話は、すでに他界した母が以前登録しておいてくれた相談所からの話でした。
母の里に近い所に住んでいる人ですごく親近感がわきました。
正直、身上書の写真はあまりいい感じではなかったので少し不安でしたが会うことにしました。
そうするとなぜか向こうから返事が無いとかで話がうやむやになってしまいました。

話が流れた人からお見合いの申し出があり、よい印象は無いが…

いったんは話が流れて、数か月後再び同じ人からお見合いの申し出がありました。
私は断られたのだと思っていたので、また話が来たときは正直断ろうかと思いましたが、会うことにしました。
その時点では何となくいい印象は全くなかったです。
自分よりいい条件の話があったのでそちらを選んだら断られたから自分に戻ってきたと思い込んでいました。

初めて会った印象はとても穏やかそうでやさしそうな印象でした。

話もとてもしやすくて気遣いが感じられました。
その後判明したことですが、主人は私の話を断ったのではなく、仕事が忙しくてお見合いの日を決められなかったそうなのです。
それで話がうやむやになってしまったそうです。
それでも再び話が来てお見合いできたのはきっと縁があったからなのだと思います。
亡き母親が導いてくれたのかもしれないです。
お見合いでも気が合えばとんとん拍子に話が進むものなので、意外とお見合いって良いものです。