恋愛結婚レシピ

恋愛結婚レシピ

フェリー会社の短期アルバイトとしてやってきた年下の彼


アルバイト

就職するとなかなか恋人と会えなくなってしまいますよね・・・。そんな時、ちょっとしたアルバイトで運命的な出会いをしてしまった!なんてこともあるんですよね。

今回は「フェリー会社の短期アルバイトとしてやってきた年下の彼」という方のお話です。

就職して彼と会えない日が続き…

私は今、28歳で、6ヶ月になる娘がいます。専業主婦です。
今の旦那様と出会ったのは、約8年前です。
私が専門学校を卒業し、フェリー会社の接客担当の乗務員として働いていました。
あの頃、私は高校生の頃から付き合っている彼氏がいました。
頭が良くて、不良グループにいた彼にとても心惹かれていて、大好きでした。

彼氏とあまりうまくいってなかった時に出会ってしまった

でも、その頃はあまり彼氏とは上手くいっておらず、私も天の邪鬼な性格で、いつも自分を優先して予定が合わない彼でしたが、平気なふりをしていました。
私が先に就職し、仕事を一生懸命頑張っていました。
フェリーでは、接客の他にレストランや、売店のお仕事もありました。
今の旦那様は、そんなフェリーの接客のお仕事の夏休みの短期のアルバイトとして、船に乗ってきた事で、出会いました。

彼が短期アルバイトの終わりが近づき寂しいような気持ちに…

年下のアルバイトのお兄ちゃんは、日に焼けて痩せている元気な人、という印象でした。
目がくりくりしていて、可愛い様子でした。
そのうち、私がレストランの事や、船の中の様子を教えてあげるトレーナーになりました。
素直で、礼儀正しい彼は一生懸命に仕事をしては、合間におしゃべりをしたり、休憩時間にも、よく一緒にテレビを見て過ごしたりしていました。

彼にも彼女がいたが・・・恋愛の話などを交わしていた

彼にも彼女がいて、恋愛の話や、いまの状況なども話したりしていました。
とても気持ちが穏やかになって話していたのをよく覚えています。
そうして、一生懸命にお仕事をしていると、夏休みの期間限定だったアルバイトの時期の3週間が終わる頃に近づいていました。
とても、気の合う真面目なアルバイトのお兄ちゃんだったので、私自身、少し寂しいような、がっかりしたような気持ちになっていました。
でも、それは友達としての感情です。
もちろん彼氏がいるので、好きという感情は全くありませんでした。

彼からの好意は少しだけ気付いていた

彼のアルバイトの最終日、荷物をまとめて船を降りていく準備をしている姿が目に入って、つい声を掛けました。
とても忙しい繁忙期のアルバイト、大変だったよね、お疲れ様でした、と声を掛けました。
彼は、とても楽しかったと言っていました。
その後、連絡先を教えて欲しいと言われました。

2年ぶりに会った彼はすっかり男の顔になっていて…

これをきっかけに、私たちは彼のアルバイトの期間も終わった後も1年に1度から2度ほどご飯デートをするようになりました。
友達の期間が約6年程続いて、私の彼氏事情も色々と変化していった頃に、暇だった私は彼にご飯へ誘いました。
この時、会ったのは2年ぶりくらいでした。
就職して、すっかり男の顔になった彼は、私の心をときめかせてくれて、私たちは意気投合し、彼からのアプローチで初めて付き合うことになりました。
あれから2年がたちましたが、今はその彼と結婚して娘がいます。
とっても幸せです。