恋愛結婚レシピ

恋愛結婚レシピ

これが愛なんだと自覚した瞬間、恋に落ちた僕と妻


愛

何の変哲もない生活からいきなり愛に引き込まれる瞬間があるものです。しかも、お互いが同時に・・・という事もあるんですよね。

今回は「これがなんだと自覚した瞬間、恋に落ちた僕と妻」という方のお話です。

僕と妻の出会いは高校時代

33歳、男性、会社員。
世の中色々な出会いがあると思いますが、僕と妻の出会いは平凡なものでした。
高校二年の秋に彼女が僕の通う高校へと編入して来たのです。
彼女は当時からすごくハキハキしゃべるタイプで、自己紹介の時も初対面のクラスメイトに物怖じしないみなぎる自信のようなものを感じたのを覚えています。
長く綺麗な黒髪をしていて「凄い美人が転校して来たもんだ」という印象を持ちました。
初対面で既に好意的だった僕に対して彼女はというとただのクラスメイトの一人としか僕を見なしていなかったそうです。

廊下ですれ違えば挨拶を交わすくらいの、その程度の仲でした。

二人の距離が少しづつ近付いたのは高校三年生になってからです。
仲の良い男女のグループに彼女も入ったのがきっかけで、それからよくみんなで遊びに行ったりするうちに打ち解けていくのを感じました。
でもその時ですらまだ告白したりなど、彼女と友人以上に親密な関係になるつもりは無かったのです。

大学、サークル、まさかのアパートまで同じでストーカー疑惑…

しかし僕らは奇妙な縁で結ばれていました。
今振り返ってみるとそう感じます。
進学した大学も同じだったし、所属したサークル、延いては借りたアパートも同じだったんです。
これには本人達よりも周りが噂し始めました。
もしかして付き合っているんじゃ……という憶測が飛び交ったんです。

僕も、そしてたぶん彼女も友人に会う度に関係を訊かれたことでしょう。

僕らは否定し続けました。
そしてようやくその疑惑も晴れたんですが、今度は僕に対するストーカー疑惑が浮上してしまったんです。
彼女に好意を寄せるあまり、進学先やアパートまで同じにしているというような疑惑でした。
まったく失礼な話ですよ。
僕は確かに彼女には友情を感じていましたが、それはけして愛情ではなく、その感情が今後変化することは無いと思っていたからです。
その騒動以来、僕らの関係はどこかぎこちなく気まずいものとなっていったのでした。

大学卒業後5年ぶりに会うと彼女はシングルマザーになっていた

大学を卒業してからはお互い東京の会社へ就職しました。
たまに昔の仲間と再会する時に会うくらいで、徐々に疎遠になっていったのです。
彼女への想いが芽生えたのは大学を卒業して五年が経った頃でした。

その時の彼女の状況はというと、シングルマザー。

会社の先輩と結婚していたらしいですが、二年で離婚し、その時授かった娘を女手一つで育てていたのです。
久しぶりに会った彼女はちょっとやつれた様子でした。
それでも懸命に必死に子供を育てようとする彼女の意志に胸が熱くなるのを感じて、ふと抱きしめたい感情に襲われました。
その時、これが愛情なのだな、と自覚したのです。
それから正式に交際するようになった僕らは二年の交際期間を経て結婚しました。
家族三人で素敵な家庭を築けたら良いなと思っています。