恋愛結婚レシピ

恋愛結婚レシピ

絶対結婚するという強い意志がある人には同棲はお勧めしない


意志

同棲なんてしなくても相手の事をきちんと知る事はできるんですよね。結婚をする意志があるのであれば同棲しないで結婚しちゃった方が良いと思います。

今回は「絶対結婚するという強い意志がある人には同棲はお勧めしない」という方のお話です。

同棲をするメリット、デメリットを考えること

30代男性、会社員。
まず最初に結婚するために同棲をすることがメリットになるかデメリットになるか考えることが大切です。
結婚とは相手の長所、短所とも受け入れそれらを含めてその人自身を愛し続けていく努力をすることだと私は思っています。
結婚する前に同棲すると付き合っているだけではわからない相手の嫌なところが見え、それで喧嘩をしたり問題が生じたりしてなかなか結婚まで結びつかない人もたくさんいます。
自分がどれだけ真剣に結婚したいと考えいてるのか、それをまず自分自身に問わなければなりません。
同棲したからといって相手の欠点がなくなったり性格が変わることはありません。

一緒に生活し始めるとどうしても嫌なところは見えてくる

結婚自体ががまんの連続です。
結婚前にどれだけ愛し、信頼していたとしても一緒に生活し始めるとどうしても嫌なところがたくさん見えてきます。
大切なことは生じてくる問題をどうやって乗り切っていくかです。
相手を一人の人間としていいところも悪いところも含めて認め、お互いになおせるところはなおすよう努力し続ける生活が結婚だと思います。
同棲すると結婚という縛りがないので、簡単に別れることができます。
しかしそうするとなかなか結婚に至ることはできません。

同棲を始めることはとても危険を伴うことだと認識するべき

嫌になったらまた次、その次という風に自分の理想の相手を求めることは悪いことではないかもしれませんが、そうすると結婚への道が遠のきます。
結婚できなくともよい、嫌ならすぐ離婚すればいい、と思える人は同棲してみてもよいと思います。
自分を含め完璧な人間はいないのですから、同棲という便利な方法で同居生活を始めることはとても危険を伴うことだと認識しておく必要があると思います。
また、結婚するということは自分達だけでなく、家族同士の結びつきが生じまた国に結婚しましたという届を出す事で、同棲していた時ほど簡単に別れることはむつかしいものです。
別れるのがむつかしければ、人間はなんとか乗り切れるよう努力します。

同棲しなくても共にいる時間を重ねれば相手のことはわかる

その努力の積み重ねで相手を次第に認め、知らず知らずのうちに信頼が生まれ、子供ができることでその絆は一層強くなります。
同棲しなくても時間をかけて付き合い、共にいる時間を重ねることでも相手のことはわかるはずです。
完璧に相手のことを理解しそして結婚につながる、というのはまれではないでしょうか。
生活上の小さな癖や習慣に目をとられて長所が見えなくなると同棲はむつかしくなります。
絶対結婚するのだという強い意志がある人には、同棲はお勧めしません。