恋愛結婚レシピ

恋愛結婚レシピ

結婚後に一緒に暮らして生活が合わない!とならない為の同棲


生活

いざ一緒に生活してみると「あれ?なんかおかしい・・・」って思う事ってありませんか?まぁ、生活文化が違う他人が一緒に住むんですから当たり前なんですけどね・・・。

今回は「結婚後に一緒に暮らして生活が合わない!とならない為の同棲」という方のお話です。

結婚前に同棲をした私が思う同棲のメリット

私は現在、30歳の男性サラリーマンです。
普段は労務管理や給与計算を行う内勤事務を担当しています。
結婚6年目の既婚者で、4歳と2歳の子供がいます。
そんな私は、結婚前から同棲をしていました。
色々な事情があって、結果的に結婚前から同棲をすることになったのですが、今振り返ると良かったと思う事が多いです。
私が思う同棲のメリットを説明したいと思います。

結婚してもうまくやれる自信があったので同棲してみると…

私は、今の妻と大学時代のアルバイト先で出会いました。
付き合いたては、映画を見たり、買い物したり、旅行したりの普通のカップルでした。
些細なことでケンカすることも多くありましたが、基本的に性格は合うと思っていました。
付き合い始めて3年経つと結婚を意識し始めました。
一緒にいて楽しいし、比較的趣味も合う為、結婚してもうまくやれる自信もありました。
結婚資金を貯める事も兼ねて、同棲することになったのですが、そこで妻の色々な一面が見えてきました。
これまでは、一緒にいる時間は長くて2泊の旅行でした。
その時は旅行ということもあり、気づきませんでしたが、生活を共にする事で色々と気になるところが出てきました。
まずは、生活リズムです。
とにかく朝が弱い。
これは、前々から知ってはいましたが、毎日一緒にいると嫌気がさすこともありました。
時間に対して全体的にルーズだったことも気になりました。

実家暮らしだった妻に家事全般は期待をしていなかったが…

次に、家事です。
妻は基本実家暮らしだったこともあり、家事全般には正直あまり期待はしていませんでした。
ただ、家事に対する姿勢が気になる事が多くありました。
例えば、タンスの中がとにかくグチャグチャだったり、使ったものを元の場所に戻さなかったりと、とにかく片付けができないことです。
汚い部屋もあまり気にならないようで、掃除もかなり雑でした。
我慢できないこともありその度にケンカをしていました。
私が気になることは、妻から見ても気になることです。
私がだらしが無いだとか思うのに対し、妻は私を、細かいだとか、口うるさいと思っていました。
別々で生活をしていた時に比べ言い争うことも多くありました。
正直うまくやれないと思う事もありました。

お互いの短所を知った上で結婚生活を始めるのでうまくやれる

しかし、子供ができ、ケジメとして結婚することになりました。
そうなると不思議なことにお互いが上手くやろうとして、なんとなく嫌な部分を許せるようになったり、自分の嫌な部分を直したりするようになりました。
これはひとえに同棲の効果だと思っています。
あらかじめお互いの短所を知った上で結婚生活を始めることができるのでお互いにうまくやることができます。
結婚して初めて一緒に暮らして、全く生活が合いませんでは、もう遅いです。
結婚の前に共に生活できる相手かを見定めるお試し期待は必要だと思います。