恋愛結婚レシピ

恋愛結婚レシピ

喧嘩別れをしそうな時に友人たちの作戦で観覧車でプロポーズ


観覧車

観覧車ってすごく素敵な乗り物ですよね。適度なドキドキ感があり、プロポーズには最適な場所なんじゃないかなぁ…と個人的には思います。

今回は「喧嘩別れをしそうな時に友人たちの作戦で観覧車でプロポーズ」という方のお話です。

最初の頃は特に意識をしていなかった妻の存在…

45歳男性で会社員をしていますが結婚をして10年になります。
妻とは社内で知り合い交際を経て家庭を持つ事になったのですが、遠い道のりが合った為に直ぐに結婚をする事はありませんでした。
出会いは同じ会社内だったのですが支社が数店舗ありましたので、殆ど顔を合わすことも無くお互いに存在も知らない状態だったのです。
年に数回、支社毎の飲み会が行われていたのですが、そこで知り合ったのが妻でした。
最初の頃は特に意識をしていなかったのですが、妻が転属で同じ支社内に配置換えになり、机が隣になった頃から交流を深める事になって行き、一気にお付き合いをする間柄になって行きました。

結婚式の日取りも決まりかけた矢先に付き合って始めての大喧嘩

始めは社内恋愛だったこともあり同僚達の目がありましたので、周りには内緒でお付き合いをしていました。
合えて社内では口数を少なくして他人の様な素振りをして周りを誤魔化していたのですが、雰囲気が伝わっていたのか直ぐに付き合いが公然になってしまったのです。
何も悪い事をしていないのですし真面目に恋愛をしていましたので、最後の方は開き直って堂々としていましたが、付き合いも2年を経過して行き流れるように結婚の話になりました。
相手のご両親にも理解を頂き、式の日取りも決まりかけた矢先の事でした。
ちょっとした意見の食い違いから喧嘩をしてしまい、付き合って始めての大喧嘩をしてしまったのです。
理由は詰まらない事で約束の日に会えなかったとか、時間通りに連絡をくれなかった等、些細な事だったのです。
全て仕事絡みの事だったのですが、彼女に理由を話しても理解をして貰うことができず、あまりの心の狭さに呆れてしまったのが原因でした。

妻と廊下で擦れ違ってもお互いに目を合わせないように…

それから話をする事が無くなってしまったのですが、幸いなことに移転があり勤務のフロアの階が違ったので、会社内でも殆ど顔を合わすことがありませんでした。
たまに廊下で擦れ違っても、お互いに目を合わせないようにしていましたし、過去の雰囲気とは一転とても気まずい状態になりました。
時間が経つ度に本当にこれで良いのかと思うようになりましたが、彼女も同じように心の中で思っていたみたいです。
ですが、お互いに口に出して言う事は無く、とても強情だったと思います。

仲間が考えた作戦に引っかかり彼女と二人で観覧車に乗ることに…

そんな日が続いたある日の事です。
会社の同僚達に遊びに行こうと誘われテーマパークに行ったのですが、私に内緒で彼女に声を掛けており、まさか来ていると思っていなかったので思わぬ再会にビックリしました。
凄く気まずい雰囲気が合ったのですがその反面、なにか変化があるのではと心の片隅には少しはありました。
気を取り直し、仲間内でアトラクションで楽しんでいたのですが、観覧車に乗る事になった時に状況は一転をしたのです。
私と彼女と二人だけにされて乗車をしたのですが、実は仲間が考えた作戦だったのです。
なんとか仲直りをさせて結婚をさせようと仕組んだ罠だったのですが、そんな事があるとは知らずに二人で乗りました。
二人っきりになり景色を見ながら少しづつ話し始めたのですが、今までの事は誤解だった事と、いつも考えていた事を話すと、一気に誤解が解けて結婚をしようと観覧車内でプロポーズをしました。
彼女も笑顔になり今日と言う日を待っていたと喜んでいます。
仲間内もこの事を考えて、この日の事を事前に設定をしており、上手く引っかかってしまいました。

仲間内の配慮が無ければ結婚していたかわからない…

その後、両親にも改めて事実と今までの経緯を話しましたが、笑顔で笑って頂き、数ヵ月後には式を挙げて結婚をする事になりました。
もし仲間内の配慮が無ければあの後どうなっていたか分かりませんし、一緒にならなかったのかも知れません。
プロポーズが観覧車で一生の思い出になりましたし、今でも観覧車を見ると永遠に忘れない思い出になりました。