恋愛結婚レシピ

恋愛結婚レシピ

彼の看病をした翌日、顔がむくんだ状態でプロポーズされた!


看病

体調が悪い時に看病してもらい、やっぱりこいつと結婚したい!とふと思う時ってあるんですよね。そんな時、とっさにプロポーズをしてしまった…。そういうのもいいですよね。

今回は「彼の看病をした翌日、顔がむくんだ状態でプロポーズされた!」という方のお話です。

風邪をひいて会社を休んだ彼を心配になりアパートへ行く事に…

37歳の女性、事務仕事をしています。
同じ会社に付き合っている彼氏がいました。
付き合って2年ですが、今まで付き合ってきた彼氏の中で一番気が合うなと思い、価値観、趣味がぴったりなので彼と結婚できたら良いなと思っていました。
ある日彼が出勤してこなかったのでお昼にメールをしてみると、風邪をひいて熱があるから休んだと返信がありました。
すごく健康な彼なので、心配になり、会社が終わった後にあれこれと買い物をして彼のアパートに行きました。

彼の部屋を掃除しておかゆを作ってあげることに

寝ていたら困ると思い合鍵でこっそりと入りました。
やはり彼はぐったりと寝ていたので、チャイムを鳴らさなくて良かったなと思いました。
ぐちゃぐちゃになった部屋を静かにキレイにして、おかゆを作っていると、彼が目を覚ましました。
彼は驚いた様子でしたが、部屋がキレイになっていることやおかゆにとても喜んでくれました。
食欲がないようでしたが、美味しいと言いながら全部食べてくれたので嬉しかったです。

彼のことが心配!彼のアパートに泊まって看病をすることに

彼は食べるとすぐにまた寝てしまいました。
私は一度家に帰宅してシャワーを浴び、その日は彼のことが心配なので彼のアパートに泊まって看病をしようと思いました。
私が再び彼のアパートに戻っても彼は寝ていました。
時々起きる彼に果物を食べさせてあげたり、飲み物を飲ませたりなどしました。
夜中にとても熱が高くなっていたので、何度か額に当てるタオルを交換しました。
そのまま彼のベッドに寄りかかり眠ってしまいました。

彼に手を掴まれてまさかのプロポーズ!!

翌朝目が覚めると彼の笑顔がありました。
彼の熱が下がりすごく嬉しかったです。
そういえばすっぴんだとハっと気づき、今まで彼にノーメイク姿を見られたことがないので慌てて洗面所に行こうとしたのですが、彼に手を掴まれて「結婚しよう!」と言われたんです。
最初、何を言われたのかまったくわかりませんでした。
すごくびっくりして「今なんて言ったの?!」と思わず聞き返してしまいました。
彼からまた「絶対に結婚しよう!」と言われて強く抱きしめられました。

プロポーズの日は人生の中で忘れられない日に!

彼は私が一晩中看病をしてくれたことがとても嬉しい、一生一緒にいたいと思った、結婚したいと強く思ったと言うんです。
まさかこんな形でプロポーズの日がくるとは思わず、すごく嬉しくて笑ってしまいました。
朝はいつも顔がむくんでひどい顔をしているので逃げたかったのですが、彼にそういう姿も可愛いと言われて照れてしまいました。
その日は二人で一緒に出勤しました。
人生の中で忘れられない日になりました。