恋愛結婚レシピ

恋愛結婚レシピ

同棲は本当に支えあって生きていけるかを試す絶好の機会


支えあって

結婚とは、お互いがお互いを支え合って生きていくものだと思います。結婚して本当に恋人を支える事ができるのか?それを試すのが同棲なのかもしれませんね。

今回は「同棲は本当に支えあって生きていけるかを試す絶好の機会」という方のお話です。

生活を共にするという事は相手のいろいろな面が見えてくる

32歳 男 現在は主夫兼在宅ワーカーを片手間にしています。
さて、今回の表題にありますとおり、結婚前の同棲に関してですが、私はしたほうが良いと実体験をもって思います。
その理由ですが、お互い結婚を前提に付き合ってるということは、それ相応の期間お付き合いをしていたと仮定してお話させていただきますが、[付き合っている]と[結婚している]とでは、雲泥の差です。
というのも、[付き合っている]というのは、デートの待ち合わせなどで、いわば、お互いが『相手に好かれようとベストな状態』で挑むわけです。
が、結婚して生活を共にするとなると、常にベストな相手の状態を見れるわけではないんですね。
例えば相手が風邪を引いてベロベロ状態。
化粧もせずすっぴん、もしくは無精ひげを生やした姿。
デートの時は全然感じなかったのに、意外とケチくさい、もしくは消費が多い。
など、実に様々なところまで食い込んで相手と苦楽を共にしていく必要が出来てきます。
そこを『自分自身が許容、もしくは相手が苦にならないよう和解』しあって生活していく必要があります。

同棲1年もたたずに苦になるなら、その相手との結婚はダメ

自分のプライバシーも相手のプライバシーも[付き合っている]だけでは、50%も知っていればすごいと思います。
いかに好き同士でも、その壁を乗り越えれなかったら、いざ結婚したとしても、不満が募って離婚したり、家庭内別居になりかねないわけですね。
(おそらく芸能人の離婚が多いのもそういう背景が大いに理由としてあると思います。)
同棲はそういったお互いがお互いを助け、本当に支えあって生きていけるかを試す絶好の機会なわけです。
そこで、相手との生活が1年もたたないうちに苦になるようでしたら、その相手と結婚はオススメしません。

お互いをじっくり吟味する期間が同棲期間

逆に同棲という機会を経て、「この相手と結婚しても全然大丈夫」と思えるようでしたら、すばらしい縁とめぐり合えたと思います。
ぜひその方と結婚してみてください。(もちろん結婚してから実はひどかった、というケースも多いのでよく見極めて!)
その相手を見極めて、自分が相手にふさわしいか、また相手も自分にふさわしいかをじっくり吟味する期間が同棲期間だと私は思います。

2年間の同棲生活を経て結婚したが今、最高に幸せ!

最後に、私は2年間の同棲生活を経て妻と人生を共に過ごす事を決めましたが、今現在、これ以上は無いんではないかと思うくらい最高の人生が送れています。
同棲の期間、辛い事も、楽しい事も、苦しい事も、幸せな事もたくさんありました。
この同棲の期間は、夫婦となった今でも私たちの最高の人生を築く地盤となっています。
同棲、オススメですよ。
ぜひ結婚を考えてらっしゃる方は同棲を経て、結婚までの道のりを計画してみてください。