恋愛結婚レシピ

恋愛結婚レシピ

結婚するなら同棲をして相手を見極める期間を持った方がいい


見極める

相手を見極めるという事はとても大事な事だと思います。ただ、結婚前に悪い部分を見すぎてしまうと、結婚というのがどんどん遠のいてしまう…なんて事もあるかもしれません。

今回は「結婚するなら同棲をして相手を見極める期間を持った方がいい」という方のお話です。

主人とは同棲をせずに籍を入れてから結婚生活を始めた私

私は42歳の主婦ですが、自分が結婚した時には同棲をせずに籍を入れてから主人と結婚生活を始めました。
ですが主人とは付き合った期間が三か月と短かったため、結婚してからお互い色々と知らない面が出てきて、時には喧嘩をしたりこんなはずじゃなかったと思ったこともありました。
とはいえ結婚生活そのものは順調で離婚の危機などもなく、現在もそれなりに幸せに暮らしています。

結婚生活は必ずしもうまくいく保証はないということ

ただもしもう一度結婚した当時に戻れるなら、まずは同棲をしてから結婚を決めてもも良いかなと思います。
それというのも私はたまたま同棲をせずに結婚を決めて、それでうまくいったから良かったものの、必ずしもうまくいく保証はないからです。
いくら好きでずっと一緒にいたいと思える相手であっても、一緒に暮らし始めるとアラが見えて気持ちが冷めてしまう場合もあります。
そんな時にすでに籍を入れていると離婚も大変です。
それなら先に同棲をしてみてお互いの相性をしっかり見極めてから、籍を入れても遅くはないかなと思うのです。

親戚の女の子の結婚から離婚するまでをみて思うこと

また私の親戚に二十歳になる前に周囲の反対を押し切って結婚をしたものの、二年も経たないうちに離婚をした女性がいます。
この親戚はそれこそ若気の至りで深く考えずに勢いで結婚を決めてしまって後で後悔したケースで、本人も離婚後にそのことを反省し悔やんでいたものでした。
このようにお互いがまだ若いならとくに結婚前に同棲をしておいた方が良いと思います。
若い時というのは勢いで結婚を決めてしまうこともよくあるだろうし、いざ結婚生活が始まってからこんなはずじゃなかったなどと思っても後の祭りです。
もちろん離婚をすればいい話ですが、付き合っている男女がただ別れるのと違って離婚となると二人だけの問題ではなくなります。
親戚などの周囲にも迷惑をかけることになるかもしれませんし、慰謝料やその他でもめることになるかもしれません。

同棲ならそこまで周囲に迷惑をかけることが少ない

ですが同棲ならそこまで周囲に迷惑をかけることもありませんし、周囲を巻き込んでもめることもありません。
なのでたとえ短い期間であっても同棲をして、本当に一生一緒にいられる相手なのかをよく見極めるのが良いと思います。
お互い性格や相性は合っていても、生活習慣が違うということもあるかもしれませんし、付き合っていただけでは分からなかった相手のイヤな部分が同棲中に見えてくるかもしれません。
そんなイヤな部分を知ってそれでも一緒にいたいと思える相手こそ、最高の伴侶ではないかと思います。