恋愛結婚レシピ

恋愛結婚レシピ

あかの他人同士なのだからお互いを知るために同棲が必要!


他人

恋愛・結婚・・・私と恋人は一心同体!そのように考えたいものですが、結局はあかの他人なんですよね…。その他人とうまくやるためにはお互いの事をもっともっと知らなければなりません。

今回は「あかの他人同士なのだからお互いを知るために同棲が必要!」という方のお話です。

自分で出来ることを全くやらない人と同棲して…

私は40代女性で、現在はフリーターをしています。
結婚前に同棲をするかしないかという話ですが、私は絶対にする派です。
その根拠として、違う家で育った人間同士は考え方も習慣もまるで違うため、お互いのことをあまり知らないまま結婚してしまうのは良くないと考えるからです。
現に私自身が過去に男性と同棲をした経験がありますが、結局破局に終わりました。
というのも、やはり価値観の違いがとても大きかったのです。
基本的に男性の場合、自分のことを自分で出来る人と全くやらない人に別れます。
私の元彼は後者でした。

同棲中も彼の母親が掃除と洗濯をしに来る状況…

付き合い始めた当初こそ、私が支えてあげなくてはと考えていたのですが、その考えもだんだん変化していくことになったのです。
元彼はとにかく自分のことを何もしない人でした。
同棲をする1年前まで彼は親と同居をしており、さらに一人暮らしをしても時々母親が部屋に掃除と洗濯をしに来るという状況だったのです。
それは私が一緒に住むようになっても全く変わりませんでした。
冷蔵庫には彼の母親が持ってきてくれたもので溢れ、彼自身は食材の買い物もほとんどしません。
買うとしたら、お弁当やすぐに食べられるものばかりです。
まさか調味料まで自分では買ったことがないなんて信じられませんでした。
同棲をするまでは、清潔な人なんだなと思ってましたし自活もできているのだとばかり思っていました。
しかし蓋を開けてみると幻想は儚く砕け散ったのです。

彼の母親は息子に甘く、息子の彼女には厳しい…

私が本格的に別れる決心をしたのは彼の母親と衝突してからでした。
彼の母親は一言で言うと、自分の息子にはとことん甘く、その嫁になる人には厳しくするというタイプだったのです。
家に来る度に「掃除の仕方がなってない」、鍋の中を覗いて「こんなものあの子は好きじゃない」など散々文句を付けられました。
最初はそれはもう猫なで声で接してきてたんですが、彼が母親に結婚したいという話をしてからというものだんだん本性が出て来ました。
しかしまだ彼と彼の母親の間で結婚の話が出ているだけで、私自身はプロポーズも受けていませんでした。
その時私はどうやってこの家を出ようかとそればかり考えていたのです。
まずは自分の母親に相談をしました。

別れを考え直すように言われたがお断りしました

母曰く、私の亡き父親も何もしない人だったそうです。
ですが、お付き合いしている時は本当に優しく、この人となら上手くやっていけると思い半年で結婚を決めたそうです。
当然同棲なんてしているわけもなく、「もしあんな人だってわかってたら結婚なんてしなかったよ」と溜息をついていました。
そんな感じで、結局母親も「いいから戻って来なさい」と言ってくれたため私は彼に別れを告げ、実家に戻りました。
別れた当初は、彼も彼の母親も実家に来て「考えなおして」と言ってきたりしたのですが丁重にお断りしました。
苦労するのが目に見えてて結婚するわけがありません。
しかし私はおかげで彼や彼の母親がどんな人なのかということを知ることが出来ました。
失った時間は戻りませんが、結婚してから別れてしまうよりは良かったと思います。

他人同士が一緒になるということは相手への思いやりが必要

結婚というのはお互いが相手を想ってするものだと思います。
相手を頼りきって自分の義務を放棄したり、親の介入を許したりするのは違うと思うのです。
私の場合当時はフルタイムで働いていたため、二人分の家事はきつく感じ我慢ができませんでした。
彼のほうが早く帰っても何もしないで携帯ばかり弄ってたり、私が熱があってもおかゆすら用意してくれなかったら愛情も冷めるというものです。
こんな風に、他人同士が一緒になるということは相手への思いやりがなければ決して上手くは行きません。
だからこそ、出来ることならば結婚する前に同棲をして、結婚生活が上手く送れるかどうかしっかり確認をするのは間違ってはいないと思うのです。